メンズジャケットやレディースジャケットなどジャケットならアマゾンにお任せ!!!

レザージャケットとは

レザージャケットは、革ジャンという呼ばれ方もしますが、素材に革を使用したジャケットのことです。以前は革ジャンと呼ぶことが多かったのですが、レザージャケットというとカジュアルなデザインもシックなデザインも含めたイメージがすることから、今ではレザージャケットと呼ぶことが多くなってきました。

レザージャケットの着こなし方

レザージャケットといっても、ライダースやテーラードなど、デザインによって雰囲気が違ってきます。理想的な組み合わせは、やはりブルーデニムパンツでしょう。

ビンテージジーンズでもインナーにシャツを組み合わせると、あまり着崩し過ぎずに済みます。レザーというとハードなイメージもありますが、下に合わせるパンツによってカジュアルにもシックにも着こなすことができます。

色は、それこそいろいろありますが、最初の1着を選ぶなら、やはり黒のレザージャケットを選びたいところです。

レザージャケットは合革と本革どっちを選ぶ?

一口に、レザージャケットと言っても、その素材の観点からみると、大きく分けて2種類のレザーがあります。

まず一つは、本革を使用したレザージャケットで、これは、本当の革を使用している商品です。もう一つは、合成皮革を使用したレザージャケットで、本革ではないので、いわゆるニセモノの革を使用している商品ということになります。

合成皮革でできたレザージャケットは価格が安価だというメリットがあります。本革でのレザージャケットだと10万円以上するものも珍しくありませんが、合成だと1万円以下で様々なデザインが見つかります。

また、手入れも簡単で、自宅で手洗いやドライクリーニングも気軽にできます。その一方で、劣化しやすいという弱点があります。どんなに気を付けて保管していても、およそ3年も経つと少しずつ剥がれてきたり、べたついたりします。このため、収納方法を誤れば他の衣服にも被害を与えかねません。

本革製品は家庭での水洗いが困難なため、クリーニングに出す必要がありますが、そこでも、高度な洗浄技術を要する為、特殊品扱いになるケースが多いです。更に、保管方法についても、本革製品は湿気に弱く、カビが生えやすいなどのデメリットがあります。

本革製品はお手入れ次第で20年持たせることもできます。ベーシックなデザインのレザージャケットを長く着たいと思うなら本革製品でしようが、流行を追って短いサイクルで買い替えたいなら合成皮革が便利です。

いずれにしても、それぞれの特徴を理解し、用途に合った素材を選ぶことが大切です。






 

サイトマップ