体臭のメカニズム

体臭のメカニズムは

体臭にも数多くの種類がありますが、簡単に言えば、身体から出る臭いの事です。一般的には、汗をかく事によって身体から出る臭いが体臭と呼んでいます。

この体臭には、頭、耳、口、ワキ、生殖器、足など、身体の色々な部位から発生します。その程度は、人によって個人差がありますが、「HLA」という遺伝子に関係している事が分かっています。

人の皮膚の穴には、皮脂を分泌するものと汗を分泌するものがあります。汗を出す穴にはさらに2種類の穴があり、一つは体温を調節する為の穴であるエクリン腺と、ごく限られた場所にしかないアポクリン腺という穴がありますが、問題は、アポクリン腺です。

基本的に、汗には臭いはありませんが、このアポクリン腺には、体臭の原因となる臭いがあり、生理的に成分を分泌するのです。

また、臭いがないエクリン腺も、皮膚にある皮脂や垢などと混ざり合い、雑菌と混ざりあう事によって、いやな臭いのする体臭を放ちます。

体臭の臭いがとても気になる人にとっては、精神的にもダメージを与えます。しかし、こうした体臭は、しっかりとした対策をとれば、ある程度は防げますので、そんな事になる前に簡単な事から予防しましょう。


 

サイトマップ