レザージャケットとは

レザージャケットとは

レザージャケットとは、素材に革を使用したジャケットのことで、以前は、革ジャンと呼ぶことが多かったのですが、今日では、レザージャケットと呼ぶことが多くなってきております。

レザージャケットといっても、使用される革の種類は様々あり、その代表的なものは次の通りです。

■カウスキン(牛革)は、最も多く見られる素材です。

■ゴートスキン(山羊革)は、手触りが柔らかく、丈夫なのが特徴です。

■ラムスキン(羊皮)は、軽くて手触りが柔らかく着やすい素材です。

■ホーススキン(馬革)は、ライダースなどによく使用されておりますが、高級で生産量も減少しております。

■ピッグスキン(豚革)は、安価で取引されております。

■バッファロースキン(水牛革)は、牛革より固めです。

■ムートン(羊毛皮)は、短く刈った羊の毛皮をそのまま残して加工した革です。

これらは全て動物の革ですが、中には合成の革を使用したジャケットもあります。

それぞれ、着心地や保温性、あるいは、手触りなどが異なるので、自分の好みにあったものを選ぶことが大切です。


 

サイトマップ