合革と本革レザージャケットの違い

合革と本革レザージャケットの違い

レザージャケットの素材に使われているのは、本革だけではなく合成革もあります。この合成革は、布地にポリウレタンなどの合成樹脂を塗布して作られております。

本革で作られたレザージャケットは、10万円以上もする高価なものも珍しくありませんが、合成革のレザージャケットは、比較的安価だというメリットがあります。1万円以下の値段で、様々なデザインのジャケットがありますし、手入れも簡単で、自宅で手洗いやドライクリーニングも気軽にできます。

ただ、手入れが簡単で安価という反面、劣化しやすいという弱点がありますので、どんなに注意深く保管していても、だいたい、3年も経つと少しずつ剥がれてきたり、べたついたりするにようになります。

その点、本革のレザージャケットは、手入れ次第では20年以上も持たせることもできます。 ベーシックなデザインのレザージャケットを長く着たいなら本革が良いですし、流行を追って、短いサイクルで買い替えたいなら合成革が便利です。

それぞれの特徴を理解し、用途に合った素材のジャケットを選びましょう。


 

サイトマップ