レザージャケットの選び方

レザージャケットの選び方

レザージャケットは、ダボダボの大きいサイズを着るよりも、ピッタリしたものを着こなすのがかっこいいですよね。

中には、襟元がモコモコになっているジャケットもありますが、これを着こなせるのはかなりの上級者で、普通は、どうしてもダサイ感じになってしまいます。

では、ピッタリと着こなすといっても、どれくらいのものを選べばよいかですが、これは、自分のサイズよりワンサイズ下を選ぶと良いでしょう。

そうすると、かなりキツくなると思いますが、これがいいんです。最初は多少キツくても、革は着ている間に伸びてきますから、その内、体にフィットするようになり、かなりいい味も出できますので、それまでは我慢するしかありません。

ただし、ここで注意が必要なのは、安い革は伸びませんし、フィットもしないということです。

本物の革で上物なら、すぐに体にフィットする感じがしますが、安物の革は着てみても、どうも違和感があって、いつまでたっても体に馴染んでくれません。

そして、何よりも、安物の革ジャンは寒いのです。全く防寒の役割は果たしてくれませから、安物買いの銭失いにならないよう、くれぐれも気をつけましょう。

最後にデザインですが、シンプル・イズ・ベストです。中には、デザイン性や斬新性を強調する余り、余計な装飾品を付けたりして、ちょっとピントがずれたようなデザインのレザージャケットを見かけます。

人とは違う、変わったレザージャケットを着たい人は、それはそれで良いのでしょうが、元々、レザージャケットは長く着るものですから、飽きがこないのが真骨頂です。

そうした観点からすればシンプルなものに限ります。シンプルであれば何にでも合わせられますし、飽きがきませんから。


 

サイトマップ