加齢臭とは

加齢臭とは

加齢臭は、本人にはあまり自覚はないのですが、その独特の臭いは、周りの人に不快な思いをさせてしまう中高年独特の臭いです。

一般的に、加齢臭はオヤジ臭といわれることがありますが、厳密には加齢臭とオヤジ臭とは違ったもので、加齢臭はオヤジといわれる男性だけではなく、女性にも発生するものなんです。

でも、なぜ「オヤジ臭」があっても「おばさん臭」がないのでしょうか。その理由は3つあります。

一つは、加齢臭は女性にも見られるものの、加齢臭と大きく関係している皮脂腺の活動が、男性と比較すると活発ではないため。

もう一つは、女性ホルモンの作用によって、加齢臭の臭いの元になる物質が作られにくいというもの。

最後に、女性は臭い(匂い)などにもよく気をつかうためだと言われております。

この加齢臭という言葉が良く使われるようになったのは、2000年に資生堂研究所が加齢臭のにおいの元となるノネナールを発見し、それを、加齢臭と名付けてからです。

加齢臭は、石鹸を変えるだけでも大きな変化が期待できますので、加齢臭が気になる方は、加齢臭の防止・肌の保護・抗菌作用などの成分を含んでいる石鹸を使ってみることをオススメします。


 

サイトマップ