加齢臭の原因

加齢臭の原因

中高年の人たちから発せられる独特の臭いを加齢臭と言います。この加齢臭は、一般的には40代後半から発生すると言われていますが、肉食中心の欧米化した食事やストレス社会で過ごすことにより、現在は、30代後半からでも発生するそうです。

加齢臭の元は、毛穴の奥の皮脂腺から分泌される脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによってつくられるノネナールという物質です。

40歳を過ぎると、酸化に対する抑制力が低減するため、脂肪酸と過酸化脂質の分泌量が増加し、それに伴い、ノネナールが急増すると考えられております。

この加齢臭を加速させるのが活性酸素です。活性酸素が増えると過酸化脂質も増え、これによって、ノネナールが多く生成されるためです。

この活性酸素は、体内に侵入してきた細菌などを攻撃する良い働きをする一方、遺伝子を傷つけたり、ガンや生活習慣病、老化などを引き起こしたりする原因になることもあります。

活性酸素を増やしてしまう原因は、ストレスやタバコ、スポーツなどがあげられます。

身体のためには良いと考えられているスポーツも、激しすぎると活性酸素を増やしてしまうからです。

女性もノネナールは生成されますが、男性よりも脂肪酸と過酸化脂質の分泌が少ないため、臭くなりにくいのです。


 

サイトマップ